業務案内

当事務所ではお客様の財務経営力と資金調達力を高めるための業務を行います。お客様自らが記帳を行い、決算数字を読み解くことで、将来を見通せ、利害関係者に決算数値を語れるようご支援します。
業務の内容については
よくある質問にも記載があります。

領収書、請求書がたまっているが何をしたらいいかわからない⇒起票、記帳、現金管理及び証憑整理などができるようご指導します。

●簿記の基本といえる帳簿づけ(起票、記帳)についてお客様自ら行えるようご指導します。ところで「事業者は、なぜ記帳し、決算書を作成しなければならないのか?」それは日々の正しく記帳を行うことで企業を倒産から防ぐことが可能となります。健全な事業の経営にはタイムリーな決算が必要であり、そのためには記帳を日々適時に行う必要があります。現在日本の法律でも正しく記帳された商業帳簿には法的な証拠能力があるとされています。紀元前4000年ころの古代エジプトでも商売で損をしないため帳簿づけが行われていたと言われています。
●経理の基本である現金管理ができるようご指導します。現金ないし預金管理は毎日行うことが基本です。毎日行うことで残高が一致しない原因をすぐに把握できるし、記帳もれや記帳ミスを防ぐことができます。
●経理の基本である証憑整理の方法をご指導します。証憑書類がきちんと整理保存されていると必要な資料をすみやかに取りだすことが出来るし、証憑と帳簿との関係がわかりやすいので記帳もれや誤りを発見しやすくなります。

会社の売上利益をタイムリーに把握したい。

税理士に記帳代行を依頼している場合や自社で適時に記帳していない理由等でリアルタイムに会社の売上利益を知りたくても把握できていない会社が多いかと思います。当事務所ではそのような声にお応えするための財務会計ソフト「FX2」、「eマイスター21」を提供しています。この財務会計ソフトををご利用いただくことによって、お客様は毎日の会社の売上、利益を画面ですぐにご確認いただくことができます。また会社の経営判断の際に重要となる売上・売上総利益・費用等の各種項目の各月推移グラフ、前年及び予算数値との比較、各種経営分析数値についてもいつでもご確認いただけます。また当事務所がご提供するこの財務会計ソフトの場合、当事務所が導入と運用をお客様が十分理解していただけるまで万全にサポートいたしますので、心配はまったくありません。

会社の将来を見通したい。

当事務所ではお客様の発展のために、来期の目標である売上計画、利益計画の作成をぎ支援してまいります。そして、その計画が正しく実行されているかを確認できるように計画と実績を比較できる業績検討用資料を提供してまいります。さらに来期の計画だけでなく、5年後の視点から現在を考えることができる5か年経営計画の作成なども実施します。

銀行からスムーズにお金を借りたい

銀行との融資交渉を行うための資金繰表作成、資金計画作成をご支援いたします。銀行は融資を行うにあたっては決算数値の内容、事業計画の進捗状況もさることながら、資金繰り実績、今後の資金計画を重視しています。当事務所ではこの資金繰表作成、資金計画作成をご支援するだけでなく銀行交渉についてもご支援していきます。