新規設立法人・新規開業の方へ

新規設立法人・新規開業事業主の方へ

会社を設立あるいは個人で事業を開始されると、経営のことで忙しく、税務、経理のことで考える時間があまりないとは思いますが、初めが非常に重要です。特に、税務関係の届出等には期日が伴うものがほとんどです。又、届出をしていなかった為に損をすることもあります。経理の仕方が分からない、簿記が分からないと思われている方、大丈夫です。簿記がわからなくても、パソコン入力さえすれば、あとは当事務所がやさしく指導いたします。又、設立後あるいは開業後における届出書類の提出もれががないかもチェックさせていただきます。

株式会社の設立方法

会社設立の流れを説明します。

【1】会社の基本的な事項を決めます。

商号(会社名)
本店所在地(会社の住所)
目的(会社の行う事業)
資本金(設立時の出資額)
設立時に発行する株式の数
会社が発行できる株式の数
取締役の任期
公告の方法
営業年度(決算期) 他


【2】会社の代表印を作ります。

会社の実印です。発注から多少時間がかかります。印鑑登録をしますが、通常銀印も兼用します。


【3】定款を作成します

●必ず記載する事項
 商号
 本店所在地
 目的
 資本金の額
 発起人の住所・氏名

●記載しておいた方がよい事項
 株式が譲渡制限である旨
 会社が発行が発行できる株式の数
 取締役の氏名
 公告の方法
 取締役の任期
 営業年度  他

●作成要領
 各ページを同じ印鑑で割印します。
 定款を3部作成し、そのうち1部に収入印紙4万円を貼り、発起人の実印で割印します。
 なお、電子定款として作成した場合には、収入印紙4万円は不要になります。


【4】定款に公証人の認証を受けます

●定款の認証を受ける方法
 公証人役場で、定款の認証をうけます。

●公証人役場に持参するもの
 作成した定款3通
 定款に押したものと同じ印鑑証明書1通
 費用6万円程度(手数料5万円+謄本手数料)

 1部は公証人が保管し、定款の謄本2通を貰います。


【5】銀行口座に資本金を払い込みます。

●資本金の振込み
 発起人の口座に発起人(出資をした人)の資本金を振込みます。

●払込に関する証拠の作成
 作成した定款3通
 通帳の表表紙のコピー
 通帳の裏表紙のコピー(金融機関名、支店名の記載があるもの)
 当該払込金額の記載があるページのコピー
 払い込みがあったことを証する書面の作成

 これらの書類を作成し、代表印で割印します。


【6】株式会社の設立登記に必要な書類を整えます

● 【6】、【7】はとても複雑なため、司法書士をご紹介いたします。


【7】法務局に株式会社設立登記の申請をします。


【8】設立後の手続き等

●会社設立後税務署に届出る書類
 設立届出書
 青色申告の承認申請書
 棚卸資産の評価方法の届け出書
 減価償却方法の届出書
 給与支払事務所等開設等届出書
 源泉所得税納期の特例及び納付期限の特例の届出書 他

BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから